職業能力開発促進法とは?

職業能力開発促進法とは?

<職業能力開発促進法とは?>

 

職業能力開発促進法とは、昭和44年7月18日法律第64号として産声を上げた法律です

 

要するに、労働者の職業能力の促進を後押しするための法律です。

 

たとえば、労働者が、職業訓練や職業能力検定などに積極的に参加し、自らの能力を高め、そのことで労働者としての地位を向上させ、経済社会に寄与できるよう後押しする、というものです。

 

◆ 職業能力開発促進法の第1条目的)を見てみましょう。

 

この法律は、雇用対策法(昭和41年法律第132号)と相まつて、職業訓練及び職業能力検定の内容の充実強化及びその実施の円滑化のための施策並びに労働者が自ら職業に関する教育訓練又は職業能力検定を受ける機会を確保するための施策等を総合的かつ計画的に講ずることにより、職業に必要な労働者の能力を開発し、及び向上させることを促進し、もつて、職業の安定と労働者の地位の向上を図るとともに、経済及び社会の発展に寄与することを目的とする。