職業安定法とは?

職業安定法とは?

<職業安定法とは?>

 

職業安定法とは、労働法の1つで、職業紹介に関する基本的な規定をまとめた法律です

 

職業安定法では、当初、民営の労働者派遣業を原則禁止していました。

 

しかし、1985年に成立した労働者派遣法によって、一定の職種を除いて民間参入が認められるようになりました。

 

◆ 職業安定法は、昭和22年11月30日法律第141号として産声を上げました。

 

◆ 職業安定法は、第1条において、下記のような目的を掲げています。

 

すなわち、公共職業安定所(ハローワーク)やその他の職業安定機関が、関係行政庁、関係団体の協力を得て職業紹介事業等を行うこと、また、職業安定機関以外の者の行う職業紹介事業等の適正な運営を確保すること等により、各人の能力に適合する職業に就く機会を与え、また産業に必要な労働力を充足することで、職業の安定を図り、経済と社会の発展に寄与することを目的とする