パート労働法の「罰則規定」

パート労働法の「罰則規定」

<パート労働法・罰則規定>

 

◆ パート労働法では、パート労働者に対して、採用時、つまり、契約時に、労働条件を明示することが義務化され、これに関しては、違反した場合は「過料」を課すことが明文化されています。つまり、罰則規定となっています。

 

しかしながら、その他の規定に関しては、努力義務などとなっていて、罰則規定はありません