パート法:「有給」の扱い

パート法:「有給」の扱い

<パート法・有給>

 

◆ パート法ではありませんが、労働基準法によって、パートタイム労働者に対しても、年次有給休暇を付与しなければならないことになっています

 

ただし、いわゆる正社員よりも日数は少なくなります。

 

たとえば、正社員が6ヶ月継続して勤務した場合は、10日の有給休暇が与えられますが、パートの場合は、7日です。
※ パートの労働時間が、週30時間未満の場合。30時間以上の場合は、正社員と同じ日数になります。

 

◆ いずれにしても、ここで大事なのは、パートでも有給休暇が与えられるということです。

 

有給休暇に限らず、労働基準法などの労働法は、パートにもほとんど適用されます。

 

もちろん、正社員より制限される面はあるにしても、原則として、同様に扱われるという点をちゃんと認識しておくべきでしょう(使用者もパート労働者自身も)。

 

(※)「有給」の規定は、パート法ではなく、労働基準法に定められている。